日本共産党は16日、新宿駅西口で、定例の「安倍9条改憲NO!3000万人統一署名」の街頭宣伝を行い、宮本徹衆院議員、岩渕友参院議員が演説しました。
宮本氏は、安倍政権が担う来年の通常国会での改憲の発議について、「安倍首相は憲法に自衛隊を明記するだけというが、戦争をしないという憲法の性格が根本から変えられてしまう」と批判。法律は後から書かれたものが優先される原則があるため、自衛隊明記によって9条2項の「戦力を持たない」規定の効力が失われ、「自衛隊の海外での武力行使が可能になる」と警鐘を鳴らしました。
岩渕氏は、自身の出身県でもある福島県で、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故によって避難生活を余儀なくされ、「今でも健康で文化的な生活を送ることができていない人がいる」と告発。同県南相馬市の9条の会が「原発事故を受けた南相馬市から憲法を生かした政治を広げよう」と市内の全ての世帯に憲法の小冊子を配るとりくみを紹介しました。「3000万署名」を広げることは「安倍首相に改憲発議をやめたほうがいいと思わせる力になる」と述べ、「政治を変えるのは皆さん一人ひとりの力。署名に協力してください」と訴えました。
買い物帰りの女性(58)は「憲法9条は世界に胸を張れる素晴らしい内容。安倍首相が簡単に変えようとしているのが怖い」と話し、署名に応じました。
宣伝には日本共産党の原田あきら東京都議も参加しました。

以上2017年11月17日付赤旗日刊紙より抜粋