第196回通常国会がはじまりました。
2018年1月22日(月)召集初日、日本共産党国会議員団総会が行われました。

 以下2018年1月23日付赤旗日刊紙より抜粋

第196回通常国会が22日、召集されました。会期は6月20日までの150日間。9条改憲に執念を燃やす安倍晋三首相は同日の自民党両院議員総会で、改憲について「実現する時を迎えている」と言明しました。残業代ゼロ制度の創設や過労死基準の残業容認などを盛り込んだ「働き方改革」関連法案も今国会で成立させる考えを強調しました。日本共産党は国会議員団総会を開き、あいさつした志位和夫委員長は、最大争点の安倍9条改憲の阻止へ全力をあげる決意を表明。「市民と野党の共闘を発展させ、安倍政治を終わらせ、新しい政治をつくろう」と呼びかけました。

志位氏は、安倍政権の5年間が日本政治にもたらした実態を、(1)憲法をこんなにないがしろにした政権はかつてない(2)国民の暮らしをこんなに粗末に扱った政権もかつてない(3)世界の流れにまっこうから逆らう政権――の三つの角度から告発しました。
この中で、安保法制=戦争法などの憲法違反の悪法を次々に強行し、「立憲主義が土台から壊されるという異常事態をつくりだした」「同時に、政権党の政治の著しい劣化と荒廃、退廃を招いている」と指摘。暴走の総仕上げとして9条改憲を狙う安倍首相を、「憲法を守ることができない首相に憲法を語る資格はない」と批判しました。
志位氏は、貧困と格差をもたらしただけの「アベノミクス」や、「核抑止力論」に固執して核兵器禁止条約という世界の流れに逆らう安倍政権の姿勢をあげて、「『安倍1強』と言われるが、あらゆる面で行き詰まり、中身はボロボロになっている。これが安倍政権の今の本当の姿です」とズバリ。5年間の暴走政治に対し、わき起こった市民と野党の共闘が確かな成果をあげていると力説しました。
通常国会をたたかう構えとして、(1)市民と野党の共闘を発展させる先頭に立って奮闘する(2)党綱領にそくして、日本共産党ならではの論戦を展開することを訴え。森友・加計学園疑惑の真相究明に加え、憲法と沖縄の「二つの絶対に負けられないたたかい」の勝利に向けて、▽9条改憲阻止の揺るぎない国民的多数派をつくり、国会発議を絶対に阻止する▽辺野古新基地を止めるため、「オール沖縄」に連帯する論戦を展開し、大激戦の名護市長選の勝利に全力をあげる――ことを呼びかけました。
さらに、真に働く人の立場に立った労働基準法の抜本改正や「原発ゼロ」の課題で、「共同を広げる条件は大いにある」として力をつくす決意を述べました。
共産党ならではの論戦に関して、トランプ米政権の危険な要素が噴き出すもと、「『異常な対米従属をただす』ことを綱領の中心命題に掲げる日本共産党の頑張りどころの情勢です」と強調するとともに、「2018年度予算案で史上最大に膨れあがった大軍拡の問題点を徹底的に明らかにする論戦でも党の真価を発揮しよう」と呼びかけました。