生活できる年金払え 総がかり実行委など国会前行動

 総がかり行動実行委員会などは19日夜、国会議員会館前行動を取り組みました。集まった3500人(主催者発表)からは年金問題への怒りが相次ぎ、「生活できる年金払え」と声をあげました。
 行動の冒頭には、この間全国で集めてきた安倍9条改憲に反対する「3000万人署名」を各野党・会派の代表に手渡し、「力を合わせて、安倍改憲を阻止しよう」とエール交換しました。
 主催者あいさつした長尾ゆるさん(憲法共同センター)は、「私たちの声と運動が改憲にブレーキをかけています」と強調。年金問題などをあげ、「国のあり方が問われています。市民と野党の共闘は、安倍政権に代わる希望です。選挙の結果につなげていきましょう」と呼びかけました。
 市民連合から、山口二郎さん(法政大学教授)が発言。「参院選の1人区で候補者の一本化もできました。安倍政治を終わらすため、心ひとつにがんばりましょう」と語りました。
 立憲民主党の小川敏夫、日本共産党の井上哲士、社民党の福島瑞穂、会派「沖縄の風」の糸数慶子の各参院議員があいさつしました。

以上2019年6月20日付赤旗日刊紙より抜粋