東京・武蔵村山 第36回日本共産党に注文する会 宮本衆院議員が報告

 東京都武蔵村山市の、こぶし支部は23日、「第36回日本共産党に注文する会」を開きました。
 党創立97周年記念講演DVDを視聴し、宮本徹衆院議員が「『野党共闘』から『野党政権』へ」と題して報告しました。
 参加者は、衆院選での野党共闘の見通し、台風被害の対応と混乱、消費税増税のキャッスレス決済や商品券などに対する商店の戸惑いなどについて質問、宮本氏が答えました。
 内野直樹市議が、市政でも野党間の協力が進んでいることを報告しました。

以上2019年9月28日付赤旗日刊紙より抜粋(写真は赤旗提供)