検査件数の提出要求 コロナ感染実態解明へ野党

 日本共産党と、立憲民主党や国民民主党などの共同会派は7日、国会内で、新型コロナウイルスの感染実態解明の野党合同ヒアリングを実施しました。
 東京都では感染者数が連日100人を超え、第2波への懸念が高まっています。野党議員は、急増した感染者数について小池百合子知事が「積極的に検査した結果」と説明していることをあげ、「厚労省の提出したデータでは東京都は6月と比べても検査数がさほど増えていない」と指摘。厚労省の担当者は「東京都の(検査数の)取り方はよくわかっていない」と述べました。
 野党議員は、統一のデータがない状況では第2波対策の分析ができないとして、積極的疫学調査の数を含めた検査実施件数の提出を求めました。
 また野党議員は、クラスター(感染者集団)が発生している業種について「限定的な休業要請とそれに伴う支援金を出すことなどは検討しているか」と提起。内閣官房の担当者は「知事が状況を見て判断する」と回答。野党議員は「都道府県任せで国は静観ということか」と国としての責任を追及しました。
 日本共産党から宮本徹衆院議員が参加しました。

以上2020年7月9日付赤旗日刊紙より抜粋(写真は赤旗提供)