東京外環道訴訟第16回口頭弁論 報告集会で連帯挨拶

 9月14日(水)、東京外環道第16回口頭弁論が東京地裁で行われました。
 口頭弁論後に開かれた報告集会で宮本徹議員は、6月に行った「東京外かく環状道路大泉JCT発進シールドマシンの損傷並びに掘進停止」に関する質問主意書の内容と、政府答弁を紹介。「引き続き皆さんと連帯し、外環工事断念に一緒に追い込んでまいりたい」と、連帯の挨拶を行いました。
 日本共産党の田村智子党副委員長・参議院議員と、山添拓参議院議員も激励の挨拶。立憲民主党、社会民主党、れいわ新選組の国会議員と秘書も参加しました。