2022年11月4日 衆院厚生労働委員会 協会と地方議員の関係 自民は調査・公表せよ

 日本共産党の宮本徹議員は4日の衆院厚生労働委員会で、自民党の地方議員と統一協会(世界平和統一家庭連合)との関係を調査・公表するよう岸田文雄首相に迫りました。
 統一協会の機関紙「世界日報」(10月31日付)は、全国の地方議会で同協会と地方議員らとの関係断絶や調査・追及を求める意見書が、自民党議員らの反対多数で否決されていることを挙げ、「(自民)党本部の指針(ガバナンスコード)に新たに盛り込んだ『組織・団体との責任ある関係』を地方に徹底することは容易でなさそうだ」と報じました。
 宮本氏は「岸田首相の甘い姿勢が統一協会側に見透かされているのではないか」と強調。「統一協会の側は、自分たちが選挙支援を通じて自民党の地方議員と築いてきた関係は簡単に切れないと、たかをくくっている」と指摘しました。
 宮本氏は、統一協会の礼拝堂の中で選挙はがきを書いたという地元の元信者の証言を紹介。「岸田総理が統一協会との関係を本気で断つというのであれば、ガバナンスコードを周知するだけでなく、地方議員を含めた調査と公表が必要だ」と追及しました。
 岸田首相は「しっかり点検を行ったうえで統一協会との接点が明らかになった場合は説明責任を果たし、未来に向けて関係を断つ。これを地方にどこまで徹底させるかが問われている。どうせ無理だろうなどという声にしっかり応えられるよう、自民党として徹底していきたい」と述べるにとどまりました。

以上2022年11月5日付赤旗日刊紙より抜粋