P1010644
2016年3月16日 19時〜 居酒屋IVOTE
 2月29日(月)、国会の宮本徹事務所に、都内の大学に通う2人の女子学生が「IVOTE」の説明に訪れました。2人は『学生団体ivote(アイボート)』に所属しており、20代の投票率向上をめざし活動する学生団体で、若い世代に対してのさまざまな活動を通して「政治」について興味を持ってもらい、「投票に行ってもらうこと」を目標に、「学生のみの運営」「不偏不党」を柱に取り組まれているそうです。
若者と政治家がフランクに語り合うことで、政治を身近に感じてもらいたいという趣旨で、3月に行われる「第19回居酒屋ivote」という企画について、各党に参加の申し入れをし、日本共産党からは宮本徹議員が参加することになりました。
同趣旨の企画には、日本共産党からは過去に、山下芳生参院議員や、宮本岳志衆院議員などが参加し、昨年の企画には大平よしのぶ衆院議員に来ていただいたことなど、これまでの取り組みについてもお話しされました。
当日は、「自民党」「民主党」「日本の心を大切にする党」の国会議員も参加予定となっており、懇談に訪れた学生からは、「今回参加の自民党の国会議員の方からも、宮本徹議員の参加を楽しみにしているといわれています。当日はよろしくお願いします」とさわやかな笑顔で帰られました。