2000万署名提出集会 戦争法(安保法制)廃止を求める「2000万統一署名」を共同で呼びかけた29団体は19日、衆院第1議員会館で署名提出集会を開きました。会場には、これまでに集まった1200万人の署名が段ボールで積み上げられました。日本共産党の志位和夫委員長、民進党の岡田克也代表、社民党の吉田忠智党首、生活の党の代表と各党国会議員に署名の束を手渡し、「戦争法は必ず廃止」「選挙に行って政治を変えよう」と手をつないでコールしました。 署名を呼びかけた29団体を代表して、総がかり行動実行委の福山真劫氏らが発言しました。終了後には、衆参両院の副議長に申し入れをしました。 あいさつした福山氏は、戦争法廃止のたたかい、統一署名の取り組みについて「従来の立場の違いを超えてたたかってきた」と強調。集まった1200万の署名は「一人ひとりの平和への願いが込められています」とのべました。夏の参院選へ向けても「私たちのスローガンは『野党は共闘』『選挙に行こう』『政治を変えよう』です」と訴えました。 署名を受け取った野党各党の党首が連帯のあいさつをしました。日本共産党の志位委員長は戦争法廃止、参院選勝利のために「心一つにして頑張りぬきたい」と語りました。 夜には、総がかり実行委が毎月呼びかけている「19日行動」として「安倍内閣退陣、参院選野党勝利を」と題した国会行動が行われました。衆参両院議員会館から国会図書館前まで人の波で埋まり、参加した4800人(主催者発表)は「参院選はみんなで勝利」とコールしました。 あいさつした総がかり行動実行委の高田健氏は「4野党と市民の連携を通じて、夏の参院選で必ず勝ちましょう」と話しました。  

2016年5月20日赤旗日刊紙より抜粋

※宮本徹議員も集会に参加し、署名を受け取りました。