241835_CTSN2280784 消費税廃止各界連は24日、新宿駅西口で「〝消費税大増税〟は延期でなく中止を、主権者は私たち。参院選で政治を変えよう」と書かれたビラを配布し、消費税増税の中止を求める請願署名を呼びかけました。
新日本婦人の会、全国保険医団体連合会、東京土建、全国商工団体連合会などの代表と日本共産党の宮本徹衆院議員がマイクを握りました。宣伝行動には7団体15人が参加。
野党4党が来年4月からの消費税増税を中止することに合意したことを紹介し、「選挙で変えよう。安倍政権を退陣させ野党と市民の共同で戦争法の廃止と消費税増税中止をかち取ろう」「7月の参院選は立憲主義を取り戻し、税金の集め方や使い方を改めるチャンスです」との訴えが続きました。

以上2016年5月25日付赤旗日刊紙より抜粋
(写真『たすきをかけて増税中止をよびかける参加者=24日、新宿駅西口』は赤旗写真部提供)