首都圏反原発連合(反原連)が呼びかける首相官邸前抗議は17日夜、200回目になりました。反原連のメンバーは「一刻も早く原発をなくす気持ちは変わらない。今後も行動する」と発言。「原発いらない」「高浜原発再稼働反対」「野党は共闘」と声を上げました。
 国会正門前では、開始前から参加者が石垣に座っています。「毎回来ている」と話す70歳の男性は「もう200回か。原発を推進する政府の姿勢は変わらない。選挙で安倍政権を打倒するしかない」といいます。
 毎週金曜日に定着した同抗議は、2012年3月29日にスタートしました。今でも、初めて参加した人に出会います。首都圏からだけでなく「一度は来たかった」と、遠方からの参加者も少なくありません。
 東京都多摩市の男性(22)は友人に誘われて初めて参加しました。「同世代がデモをしてる姿に刺激を受けて国会前に来た」といいます。「今の政治は原発再稼働ありきで許せない」と話しました。
 「ここに来たのは3回目です」。51歳の女性は群馬県吾妻郡から参加しました。「福島の事故までは、原発は安全だと信じていました。国民にうそをつく政治を、参院選挙で変えていきたい」と語りました。
 日本共産党の宮本徹衆院議員がスピーチし、大津地裁が高浜原発の再稼働を認めなかったことを紹介。「原発ゼロへ向けてこれからも一緒に頑張りましょう」と訴えました。
 この日は800人(主催者発表)が参加しました。

以上2016年6月18日付赤旗日刊紙より抜粋