高齢者大会20160829

東京国際フォーラムで開催された日本高齢者大会全大会で連帯のあいさつをおこない、社会保障制度の大改悪の動きに対して、国民てきたたたかいをまきおこそうと呼びかけました。

以下、2016年8月30日付赤旗日刊紙より抜粋(写真は、安藤たい作品川区議のツイッターより)

東京都内で開かれていた「第30回日本高齢者大会」は29日、東京国際フォーラムで全体会を開き、「高齢者の尊厳とくらしを守り、社会保障の充実を求める!」との決議を拍手で確認しました。最後に、「沖縄・辺野古、高江でのたたかいを全国に広げよう」と、来年の開催県・沖縄の代表に大会旗を引き継ぎました。5000人の参加者は「沖縄を返せ」を歌い、閉会しました。
中央実行委員会を代表して、冨田浩康委員長が主催者あいさつしました。戦争法廃止の運動、参院選挙での「野党+市民」の統一候補など「かつてない情勢」だと強調。自衛隊の「駆け付け警護」など戦争法の具体化に突き進む安倍政権に対し、「高齢者の誇りと尊厳をかけて、全国それぞれの地域で運動に踏み出そう」と呼びかけました。
基調報告した中央実行委員会の藤谷惠三事務局長は、社会福祉協議会や老人クラブとの連携など、高齢期運動も新しい共闘、共同ができる時代に入ったことを実感させる大会になったと強調。「この共同を地域でさらに広げたい」として、「戦争法廃止」の政府づくりや、憲法を守る運動の先頭に立つことなど、今後1年間の運動を提起しました。
ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが記念講演。自身が都民と野党の統一候補として奮闘した東京都知事選を振り返りながら、「安倍政権は戦後最悪といってもいい危険な政権です。次の総選挙では野党4党の共闘を続けてほしい」と語りました。
若者からのメッセージとして、「安保関連法に反対するママの会@板橋など」の石川澄恵さんらがスピーチしました。日本共産党の宮本徹衆院議員が連帯あいさつしました。