tpp%e5%8d%94%e5%ae%9a%e3%83%bb%e9%96%a2%e9%80%a3%e6%b3%95%e6%8e%a1%e6%b1%ba%e5%bc%b7%e8%a1%8c%e6%8a%97%e8%ad%b0%e9%9b%86%e4%bc%9a20161110 11月10日(木)、衆院本会議で自民・公明・維新の賛成で、TPP協定・関連法案が強行採決されました。
本会議散会後、緊急に開かれた抗議集会に、宮本徹議員も駆けつけました。

以下2016年11月11日赤旗日刊紙より抜粋

tpp%e6%8e%a1%e6%b1%ba%e5%bc%b7%e8%a1%8c%e7%b7%8a%e6%80%a5%e9%9b%86%e4%bc%9a%e2%91%a0%e3%80%8020161110 自民、公明、維新の各党が環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案の採決を衆院本会議で強行した10日、国会前の座り込み行動には、寒風が吹き冷え込むなか、多くの市民が参加しました。午後5時すぎ、採決強行の一報が入ると、「ふざけるな」「こんな採決認めない」「批准させない」と抗議の声をあげました。
生活クラブ生協連合会の加藤好一会長は「安倍政権はウソをつき続け、山本農水相は暴言を繰り返す。これほど国民を冒とくする政権はない。TPPを急ぐ理由は、米国追従の一点に尽きる。批准阻止へ最後の最後までたたかう」と訴えました。
「TPPに反対する弁護士ネットワーク」の中野和子弁護士は「多国籍企業の言いなりの社会はごめんだというのが、多くの国民の声だ。国会審議が不十分でTPPの中身がわからないのに、採決を強行するのか」と批判すると、「そうだ」の声が飛びます。
「STOP TPP」のプラカードを掲げた東京都世田谷区の野中俊宏さん(51)は、国会の様子をニュースで見て駆け付つけました。「どう見てもおかしい。声をあげないと。あきらめるわけにはいかない。悲観せずに行動し続ける」と話しました。
群馬県高崎市でコメとトマトを生産する木村君江さんは「与党が審議を急ぐのは、国民に都合の悪いことをしられたくないからで、民主主義のルールに反するやり方です。農村でもTPPの危険性を語り広げ、批准をなんとしても止めたい」と語りました。
東京都板橋区で70年近くブドウを生産する果樹農家の田中山五郎さん(85)は「外国の農産物が野放図に入ると困る」と行動に参加。「ここに来ているみんなと思いは同じ。国民の力で批准を阻止したい」
この日の行動には日本共産党から斉藤和子、畠山和也、清水忠志、藤野保史、梅村さえこ、畑野君江、堀内照文、宮本徹の各衆院議員、山添拓参院議員が参加。「国会論戦と運動で、参院で徹底審議のうえ、必ず廃案に追い込もう」などと訴えました。