提出資料① 「Stars and StrIpes」HPより
提出資料② 『ソウルソウ聯合ニュース』『朝鮮日報』配信ニュースから抜粋

在日米軍横田基地(東京都)への米空軍特殊作戦機CV22オスプレイ配備計画について、日本共産党の宮本徹議員が25日、衆院決算行政監視委員会で「朝鮮半島有事で米軍が直接日本から出撃し、日本が交戦国とみなされる、日本の主権にかかわる重大問題だ」と追及しました。横田基地へのCV22配備は昨年5月、米国防総省が発表。2017年後半に3機、21年までに7機を追加し、計10機を配備する計画です。
宮本氏は、CV22の配備は、アジア・太平洋地域の有事での米軍特殊作戦部隊の迅速な対応のためで、防衛省作成の冊子もCV22の輸送対象に在韓米特殊作戦コマンドが含まれていると指摘。「朝鮮半島有事に、CV22が横田基地から出撃するということになる」と追及しました。
防衛省の前田哲防衛政策局長は「米軍の運用に関することで、答える立場にない」などとしながら、横田基地配備のCV22は「アジア太平洋地域に所在している米軍の特殊作戦部隊を運ぶのが任務だ」と認めました。
宮本氏が韓国内の報道で、米韓の作戦計画が北朝鮮指導部への攻撃などに特殊作戦部隊を投入する計画になっていると質問。稲田朋美防衛相は「承知している」と述べました。
日本の基地からの米軍の戦闘行動に事前協議を義務付けた1972年の政府統一見解は戦闘行動の典型に「空挺(くうてい)部隊の戦場への降下」をあげています。宮本氏は「政府はいままでもベトナム戦争やイラク戦争でも米軍の出撃は、事前協議の対象とならない『移動』だとごまかしてきた。CV22のやることは、事前協議の対象となる戦闘部隊の戦場への直接の降下だ」と、CV22の横田からの出撃が必ず事前協議の対象になるのかと迫りました。
岸信夫外務副大臣は「仮定の質問には答えられない」「個々の内容について検討して判断する」などとまともに答えませんでした。
宮本氏は「統一見解で個々に判断するとしているのは空挺降下や上陸作戦以外で、副大臣の答弁は、政府統一見解と違う」と批判。CV22が日本政府も知らない間に横田基地から朝鮮半島に直接出撃することは、日本の命運にかかわる重大な事態になると、厳しく指摘しました。

以上2016年11月27日付赤旗日刊紙より抜粋

≪第192回 衆院決算行政監視委員会 第2号 2016年12月7日 議事録≫

○玄葉委員長 次に、宮本徹君。
○宮本(徹)委員 日本共産党の宮本徹です。決算について質問いたします。きょう、資料をお配りしております。きれいな野球場の出ているカラーの資料でございます。横田基地に自衛隊の航空総隊司令部が移転した際、米軍の野球場を一つ潰しまして、そのかわり、機能補償として移転整備されたものの一つがこの野球場です。二〇一三年度の予算も使われております。この秋、この野球場が完成いたしまして、オープニングの式典も行われました。随分立派な野球場ですけれども、野球観覧席が、前にあったものに比べてかなり大きくなりました。それから、潰した野球場は一つですけれども、照明設備は二つの野球場に設置されるということになりました。きょうは稲田大臣に来ていただきましたけれども、この野球観覧席がどれだけ大きくなったのか、それから照明の数はどれだけふえたんでしょうか。
○稲田国務大臣 航空自衛隊航空総隊司令部については、平成十八年五月の日米2プラス2で合意された再編実施のための日米ロードマップに基づき横田基地に移転することとされ、平成二十四年三月に移転したところです。お尋ねの、在日米軍司令部近傍に所在していた野球場については、航空総隊司令部及び関連施設を移転する際に立体駐車場の建設場所となったところから、失われる機能の補償として、日本側で基地内の別地に代替施設を整備することになりました。米側との調整の結果、具体的には、取り壊した旧野球場にはグラウンド、観覧席、倉庫、照明といった機能がありましたが、機能の補償として、基地内の既設の野球場に観覧席及び用具保管のための倉庫を整備するとともに、グラウンドと照明のみを有する別の野球場を新たに整備することとしたものです。その際、旧野球場においては延べ床面積約九百三十平方メートルの観覧席に加えて野球用具等を保管するための倉庫が近傍に配置されていたことから、基地内の既設の野球場では、ほぼ同規模の観覧席に加えて用具を保管するための倉庫が併設されたことにより、約一千七百七十平米となっております。また、照明については、移転前の旧野球場に八基あったところ、新しい野球場では、グラウンドの地形上、外野の一部が広がる形状となっており、野球場全体の照明を確保するため二基ふやしたところでございます。
○宮本(徹)委員 野球場二つに照明をつけたわけですよね。違いますか。
○小柳政府参考人 お答え申し上げます。照明施設につきましては、既存の取り壊した野球場に八基ございました。これは、先ほど大臣から御説明申し上げましたとおり、東側の既存の野球場と、もう一つ新しくグラウンドを整備した野球場の二カ所に設置しております。既存の野球場につきましては、もともと照明がございました。そこに新しく、取り壊した観覧席を移設して設けました。その関係上、既存の照明の一部と当たるということで、これについては、八基ありましたものを八基更新したということでございます。新しくグラウンドを整備した部分につきましては、もともとなかったところに十基、先ほど大臣から御説明申し上げましたけれども、十基の照明を設置したということでございます。
○宮本(徹)委員 防衛省にいただいた資料では、観覧席は九百三十平米から一千七百七十平米にまで広がっているわけですよね。私は、移転に伴う機能補償というのは同じ規模のものを整備するのが普通は常識だというふうに思うんですけれども、これは何で二倍にもなったんですか。
○小柳政府参考人 お答え申し上げます。米軍施設の機能補償でございます野球場については、敷地の制約もございまして、既存の野球場、これは米軍がウィルキンスと呼んでおりますが、ここに観覧席と倉庫を整備したものと、もう一つ新設の野球場、これは米軍がブロンコと称しておりますが、ここにグラウンドと照明を整備したものの二カ所に分散して整備をしたところでございます。委員から、野球場ウィルキンスの観覧席が、延べ床面積九百三十平方メートルから千七百七十平方メートルの二倍に拡大したのではないかという御指摘がございましたが、取り壊した観覧席における座席、これは長椅子方式のベンチでございますが、これの総延長が約八百二十メートルでございましたのに対しまして、米側の要望により、新設の座席、こちらも長椅子式のベンチでございますが、これの総延長は約五百七十メートルとなっておりまして、観客の収容数としてはふえていない、拡大していないというところでございます。他方、取り壊した旧野球場は、基地の西側に位置します管理地区内に存在しておりまして、既存の倉庫を利用しまして用具を保管していたものと承知しておりますが、これに対し、滑走路の反対側に当たります東側の住宅地に所在する、先ほど御説明しましたウィルキンスと称します既存の野球場には用具等を保管するための倉庫が近隣にございませんでしたので、その機能補償として観覧席の一階部分に倉庫を整備しております。このため、旧野球場における延べ床面積約九百三十平方メートルの観覧席に加えまして機能補償として用具を保管するための倉庫が併設されたことにより、約千七百七十平米の規模となっているということでございます。
○宮本(徹)委員 倉庫だけじゃないでしょう。下の図がありますけれども、スナックバー、売店だとかいろいろなものをたくさんたくさんつくったんじゃないですか。この写真の真ん中のところにあるのは、ガラス張りの裏は放送設備ですよね。こういうものまで含めて豪華なものをたくさんつくったから延べ床面積がふえたんじゃないですか。違いますか。
○小柳政府参考人 本件施設につきましては、日本政府が建設いたしますので、建築基準法や消防法等の日本の国内法令を遵守するとともに、米軍基準にも合致させるという形で設置しております。先ほどの倉庫の機能補償を加えまして、所要の、必要な諸室を整備して建設したものでございます。
○宮本(徹)委員 倉庫とか、初めは言わないけれども、それ以外に米軍に求められたものをどんどんどんどんつくって、千七百七十平米みたいに大きくなっていったわけですよ。こういうのは隠れ思いやり予算なんじゃないですか。アメリカから言われて、機能補償を超えて大盤振る舞いしていく。国民の血税の使い方として、こういうやり方は許されないというふうに私は思いますよ。大体、麻生さんはいつも、増税するときは財政が大変だという話をされます、社会保障のときも財政が大変だという話をされますが、アメリカから求められたら、普通、公共補償のルールというのは、機能補償というのは同じ機能のものを補償するのに、それ以上に超えて大盤振る舞いしていっている。政治姿勢として、余りにも異常だと言わざるを得ません。自衛隊の航空総隊司令部の移転費用五百十億円のうち、百三十三億円が米軍の施設の整備に使われました。この野球場以外でも、機能補償を超えた大盤振る舞いが行われたんじゃないですか。隠れ思いやり予算がほかにもたくさんあるんじゃないかというふうに思います。引き続きこの問題は追及していきたいと思います。次に、CV22オスプレイの配備の問題についてお伺いしたいというふうに思います。米軍は、横田基地に来年度後半から特殊作戦機CV22オスプレイを配備しようとしております。防衛省が自治体向けにつくった説明の冊子では、このCV22の輸送の対象となり得る米軍特殊作戦部隊の例が掲載されております。確認ですが、大臣、この冊子に出ている例というのは米軍の確認をとって掲載したということでよろしいですね。
○稲田国務大臣 平成二十七年五月に防衛省が作成いたしました御指摘のCV22オスプレイについての五ページの図は、米側に確認の上、防衛省が作成したものでございます。
○宮本(徹)委員 この冊子の中には、CV22が輸送する例として在韓国特殊作戦コマンドというのが記載されております。この在韓国特殊作戦コマンドの作戦エリアはどこですか。
○稲田国務大臣 米軍の運用に関することについては、防衛省としてお答えをする立場にはありません。
○宮本(徹)委員 米軍の運用に関することという話じゃないでしょう。こんなもの、米軍のホームページを見たら出ているじゃないですか。朝鮮半島だけですよね。違いますか。
○前田政府参考人 お答えいたします。一般論としては大臣が御答弁申し上げたとおりでありますが、米軍のホームページ上の情報によりますと、在韓米軍特殊作戦コマンド、これは朝鮮半島の作戦領域における米軍の特殊作戦任務の計画及び遂行を所掌していると承知してございます。
○宮本(徹)委員 時間がないんだから、初めからそう答えていただければいいんですよ。つまり、CV22が配備されれば朝鮮半島有事に日本から出撃していく、これを想定しているということですね。
○前田政府参考人 お答えいたします。米軍の運用に関することでございますので、防衛省としてお答えする立場にはないわけでございます。いずれにいたしましても、横田飛行場に配備されるCV22オスプレイ、これは空軍の輸送機でございます。したがって、各種事態が発生した場合に、沖縄あるいはグアムなどアジア太平洋地域の複数箇所に所在しておりますアメリカの各軍の特殊作戦部隊を輸送することを主たる任務としている、このように承知をしております。
○宮本(徹)委員 米軍のホームページに在韓国特殊作戦コマンドは朝鮮半島を作戦エリアとしている部隊だということが書いてあると今説明しておきながら、何でそういう答弁になるんですか。当然、論理的に朝鮮半島有事も出撃していくことになるんじゃないですか。稲田大臣、弁護士ですから、論理的にはそうなるでしょう。
○稲田国務大臣 前田局長がお答えしたとおりであり、詳細については、米軍の運用に関する事項であり、お答えすることは差し控えさせていただきます。
○宮本(徹)委員 そんなでたらめな答弁では、本当に質疑が成り立たないというふうに思いますよ。論理的に見れば、朝鮮半島有事に出撃していくというのははっきりしていると思います。報道によりますと、昨年、米韓の新たな作戦計画が確立されました。作戦計画五〇一五というものですが、稲田大臣、これはどういう内容か簡潔に説明してください。
○稲田国務大臣 今御指摘の作戦計画五〇一五については、韓国の国防部報道官は、過去、作戦計画に関する内容は公表することができず、また事実関係について確認することもできない旨説明していたものと承知をいたしております。防衛省としては第三国間の作戦計画の内容についてお答えする立場にはありませんが、韓国の防衛白書によれば、米韓間では戦時に適用される作戦計画について平素から緊密に協議し作成しているものと承知をいたしております。
○宮本(徹)委員 普通にメディアで報道されているんですよね、大臣が答えなくても。きょう、配付資料で持ってきました。聯合ニュースと朝鮮日報の記事を載せております。これによりますと、同計画は北朝鮮の核、ミサイル、生物化学兵器の攻撃的除去に重点を置き、有事の際に先制攻撃する概念が適用された模様だと。朝鮮日報では、消息筋によると、作戦計画五〇一五は、五〇二七に比べ、有事における韓国側の被害をできる限り減らしつつ、いわゆる斬首作戦など、北朝鮮政権首脳部に対する精密攻撃で早期に勝利することを目標にしている点が最大の特徴とあります。こういう計画なんじゃないですか。
○前田政府参考人 お答えいたします。繰り返しになって恐縮でございますが、例えば韓国の国防部の報道官のブリーフィングにおきまして、先生が今御指摘になりましたような各種の報道に基づいて作戦計画五〇一五の内容を尋ねられている会見でございますけれども、韓国当局のそのときの答えは、作戦計画に関する内容は我々は公開できないし、公開してはいけないというのが原則だ、こういう趣旨で答えていると承知をしております。私どもとしてもお答えする立場にない、こういう認識でございます。
○宮本(徹)委員 いや、韓国当局の責任者が公開できないと言っても、その内部の人たちがぺらぺらしゃべっているからこうやって韓国のメディアに出ているわけでしょう。この作戦計画五〇一五での米韓特殊作戦部隊についての任務も報道では記されておりますが、では、報道の範囲で知っていることを述べてください。
○前田政府参考人 お答えいたします。防衛省といたしましては、第三国間の作戦計画の内容についてお答えする立場にはないということでございます。また、そのような個別具体的な計画に基づく他国部隊の任務についてもお答えする立場にはございません。
○宮本(徹)委員 朝鮮日報、先ほどの資料の続きの中に書いてありますが、特に、有事の際に核兵器使用を決心しかねない金正恩第一書記を初め北朝鮮の政権首脳部に対して精密打撃を行う斬首作戦の概念を導入し、核、ミサイル、生物化学兵器などの大量破壊兵器を早期に無力化し、戦争を可及的速やかに終わらせようとしていることも特徴の一つだ、米軍のデルタフォース、ネービーシールズなど両国の特殊部隊も特殊作戦機や潜水艦に乗って北朝鮮地域に潜入していき、こうした役割を果たすことになるというふうに書かれております。こういう報道については、大臣、報道があることは認識されていますよね。
○稲田国務大臣 報道については承知いたしておりますが、第三国の作戦計画の内容についてお答えする立場にはなく、個別具体的な計画に基づく他国の部隊の任務についてお答えする立場ではありません。
○宮本(徹)委員 報道については知っているということですから、こういうものだろうということで報道されていることは御存じだということですよね。作戦計画五〇一五が確立して以降、米韓の合同演習はこの作戦計画五〇一五に基づくものになっております。大臣、確認ですけれども、この間の米韓合同演習に嘉手納基地所属の米軍特殊作戦群は参加していますよね。
○稲田国務大臣 米国の太平洋軍ホームページによれば、本年二月、嘉手納基地に駐留する米空軍の第三五三特殊作戦群の要員が在韓米軍特殊作戦コマンドによる年次の米韓連合演習で輸送支援を行うため韓国に到着したほか、本年十月、同じく第三五三特殊作戦群が韓国の特殊作戦部隊と合同演習を行った旨は承知いたしております。
○宮本(徹)委員 つまり、既に、この作戦計画五〇一五に基づく訓練で特殊作戦部隊も参加しております。防衛省にもらった報道資料では、嘉手納基地所属の米特殊作戦群と韓国の潜入作戦部隊が低空飛行などの手法で北朝鮮内陸部まで潜入する訓練を集中的に実施したというふうにあります。これが今のアメリカと韓国の状況です。稲田大臣、横田基地に来年CV22オスプレイが配備されれば、この米韓の作戦計画五〇一五の中に実行部隊として位置づけられていく、そしてそのための米韓共同演習にも参加していく、これは当然そうなりますよね。
○前田政府参考人 お答えいたします。今先生、将来の米韓共同演習に参加していくことになるのではないかというお尋ねでございますが、防衛省としては、第三国間の作戦計画に基づく個別の装備の位置づけ、あるいは将来的な演習への参加予定、これらについてお答えする立場にはないということを御理解いただきたいと思います。
○宮本(徹)委員 この作戦計画五〇一五の実行部隊としてもし位置づけられることになったらどうなるかということですよ。日本から出撃していくということになるわけでしょう。直接出撃していくわけですよ。そうなれば日本は交戦国とみなされるということになるんですよ。そういう日本の主権にもかかわる極めて重大な問題なわけですよね。それについて答えないとか承知しないとか、そういう話では全く済まされないというふうに私は思います。きょうは外務副大臣にも来ていただいておりますが、民主党政権のときに、朝鮮半島への自由出撃の密約については失効を確認した、日本からの戦闘作戦行動は事前協議を必要とすることが日米両政府で確認されたというふうになっております。そうすると、CV22オスプレイが特殊作戦部隊を乗せて日本から出撃して北朝鮮に侵入してパラシュートで降下する、この場合は必ず事前協議事項になるという理解でいいんですね。
○岸副大臣 お答えいたします。仮定の質問にお答えをすることは差し控えたい、このように思いますが、その上で、あえて一般論として申し上げるならば、日米間では、いわゆる岸・ハーター交換公文によりまして、日米安保条約第五条の規定に基づいて行われるものを除いて、日本国から行われる戦闘作戦行動のための基地としての日本国内の施設及び区域の使用は事前協議の対象とされているところであります。
○宮本(徹)委員 そういう一般論を聞いているわけじゃないんですよね。今までも、ベトナム戦争だとかイラク戦争だとかいろいろなときに出撃していっても、それは直接の出撃じゃないんだ、移動だということで政府はごまかしてきたわけですよ。ただ、戦闘作戦行動についての政府の統一見解を見た場合に、こう書いてあるんですね。戦闘作戦行動の典型的なものとして考えられるのは、空挺部隊の戦場への降下というのが入っているわけですよ。CV22オスプレイがやることは、まさに戦場への直接の降下ですよ。これについては一般論じゃなくて答えられるんじゃないですか。どうですか。
○岸副大臣 今御指摘のとおり、空挺部隊の戦場への降下等は戦闘作戦行動の典型的なものであるというのが政府の立場でございますが、委員御指摘の事例がこれに当たるか否かという仮定の質問についてはお答えすることは差し控えたいということでございます。
○宮本(徹)委員 仮定の質問をしているわけじゃないんですね。CV22オスプレイの役割はまさにそういう飛行機じゃないですか、特殊作戦機で。北朝鮮に侵入していく訓練も、もう既に米軍、韓国が一緒になってやっているわけですよ。その部隊を運ぶのがCV22オスプレイですよ。まさにこれに該当するわけですよ。仮定ではなくて、CV22オスプレイが横田から出撃する際は必ず事前協議の事項になるということですかと聞いているんですよ。仮定じゃないです。具体的な問題です。答えてください。
○岸副大臣 七二年の統一見解のところでも述べられていますけれども、個々の行動の任務や態様の具体的な内容を考慮して判断するほかないということだと思います。その意味で、委員のおっしゃるところの事例というものが本件に当たるかどうかというのはお答えを差し控えたい、こういうことでございます。
○玄葉委員長 宮本君、時間が参りましたので、御協力願います。
○宮本(徹)委員 まとめますけれども、今の答弁はおかしいですよ。この政府の統一見解は、空挺部隊の戦場への降下、地上部隊の上陸作戦等、このような典型的なもの以外の行動については、個々の行動の任務、態様の具体的内容を考慮して判断するよりほかないと書いてあるんですよ。ほかのことなんですよ、個々について判断するというのは。空挺部隊の戦場への降下というのは戦闘作戦行動の典型だと書いてあるわけじゃないですか。今の答弁は全く政府統一見解と違いますよ、今までと。撤回しますか、副大臣。
○玄葉委員長 時間ですのでまとめてください、質問者。
○宮本(徹)委員 もう時間ですので続きは別の機会にやらせていただきますけれども、CV22オスプレイは特殊作戦部隊を運ぶ輸送機なわけですよね。それが首都に配備されて、日本政府も知らないまま、勝手に朝鮮半島に出撃していって作戦をする。これは日本国の命運も左右する問題になっていくわけですよ。そういう問題について今のようないいかげんな答弁は許されないですし、私たち日本共産党としてはCV22オスプレイの配備は絶対に認められないと強く申し上げまして、質問を終わります。