p1020803 12月22日(木)、宮本徹議員は、防衛省と外務省に『オスプレイの飛行中止・配備撤回』を求める申し入れを行いました。
申し入れには、池内さおり衆院議員、吉良よし子参院議員と、小池晃参院議員秘書、山添拓参院議員秘書、東京各地の都議、区議、市議も参加しました。

以下2016年12月24日付赤旗日刊紙より抜粋

日本共産党東京都委員会と都議団、区市町村議員団は22日、安倍首相と防衛、外務両相宛てに、沖縄で墜落事故を起こしたオスプレイの飛行再開に抗議し、来年後半から予定されている米軍横田基地(東京都)への配備中止を求める申し入れをしました。
 宮本徹、池内さおり両衆院議員、吉良よし子参院議員が同席。小池晃書記局長・参院議員、山添拓参院議員の各秘書、谷川智行、原純子両衆院東京比例予定候補も参加しました。防衛、外務両省の担当者が応対しました。
 白石たみお都議が申し入れの趣旨を説明。宮本氏は墜落事故の翌日に防衛大臣政務官に申し入れた際、政務官が「米側の説明を鵜呑(うの)みにするものではない」としていたことを示し、政府が安全の確認もしないまま飛行再開を容認したことを厳しく批判しました。 池内、吉良両氏は防衛省が「機体はコントロールされていた」としていることや飛行再開に際し米側の説明は「合理性が認められる」としたことについて、その根拠を示すよう要求。しかし、両省の担当者は答えることができませんでした。
 尾崎あや子都議ら他の参加者は、横田基地周辺に多くの学校、病院、保育園があることや、オスプレイが2014年以降140回も飛来していることを指摘。沖縄と東京、全国での飛行中止と配備撤回と、横田基地への配備中止を求めました。