総がかり行動(はたの室提供)20170121総がかり行動実行委員会は20日、衆院第2議員会館前で国会開会日行動を行いました。時折、雪がちらつくなか600人を超える人が参加(主催者発表)して、「みんなの力で暴走止めよう」と声をあげました。
4野党1会派の国会議員も参加し、「市民と野党の共同を広げ、憲法を生かす新しい政治に転換する国会に」などとあいさつしました。
参加者は「守れ、生かせ 憲法」などと書かれたプラカードや横断幕を手に訴えました。東京都中央区の男性さん(69)は、「今国会では、共謀罪の成立が狙われています。戦前に戻ってしまいそうな政治を今年こそ変えたい」と語りました。
主催者を代表してあいさつした福山真劫さんは「総がかりの運動をスタートして3年目です。今年こそ本気で安倍政権を打倒する決意を固めあいたい。安倍政権の政策は、国民の支持を得ているわけではない。私たちがたたかいを大きくすれば、打倒は可能だ」と訴えました。
民進党の福山哲郎、日本共産党の井上哲士、社民党の福島瑞穂の各参院議員、自由党の玉城デニー衆院議員、会派「沖縄の風」の伊波洋一参院議員があいさつしました。
行動には、16人の日本共産党国会議員団が参加しました。

以上2017年1月21日付赤旗日刊紙より抜粋