保険医協会1月29日、東京保険医協会のみなさんから、「消費税の増税をやめ、医療へのゼロ税率を求める医師連名要請書」をいただきました。病院や診療所が買う医療機器などには消費税が上乗せされていますが、医療は消費税非課税とされていますので、病院、診療所の損税になっています。年間にすると数百万、数千万の損税にもなります。政府は消費税分の診療報酬を引き上げたと言いますが、本体部分では引き下げられたので、実際は損税になっています。

医師会のパンフレットはこちら