3月23日(木)、国会の宮本徹事務所に東京保険医協会のみなさんが要請に訪れ、懇談しました。
東京保険医協会のみなさんから、入院時の「居住費負担増」問題についてと、麻しん・風疹対策としてМRワクチンの任意接種助成が足立区と板橋区で拡充・新設されたことについてお話を伺いました。
宮本議員は、「負担増計画に、一緒になって中止を求めていきたい」と応じました。