9月7日付「日刊ゲンダイ」で、安倍政権の概算要求についての宮本徹議員のコメントが紹介されています。「日刊ゲンダイ」は、1面と3面を使い、「防衛費リボ払い拡大中」と大見出しをたて、安倍政権のもとで後年度負担(武器購入の次年度以降へのツケ)が急増をつづけ、2018年度概算要求ではついに5兆円を超えたと指摘。この問題を追及してきた議員として、宮本徹議員のコメントを掲載しています。

以下、宮本徹のコメント部分、抜粋

「払いきれない高額兵器を爆買いして、10年先の将来世代にまで負担を押し付けるものです。厚かましすぎます。将来、軍縮を目指す政権ができても、兵器のツケに縛られてしまうことにもなる。防衛省がツケの一部を記さないのは、大っぴらにしたくない表れです。単年度だけでなく、ツケも含めて全体の金額を見ないとごまかされてしまいます」

日刊ゲンダイ 安倍政権 防衛費リボ払い 拡大中