3月17日のフジテレビ、めざましどようびで、3月16日の財務金融委員会での宮本徹の質問を報道しました。

以下、報道。

森友学園に関する財務省の文書改ざん問題をめぐり、財務省は16日、「特例承認」の決裁文書で、国会議員の名前が記載されているのは、森友学園をめぐる文書のみであることを明らかにした。

共産党・宮本 徹議員「森友学園以外の特例承認の決裁文書で、政治家や総理夫人が示されているものはあるか」
財務省・太田理財局長「陳情というか、問い合わせというか、そういう形で国会議員の先生の名前が出ているのは、基本的にはない」
共産党・宮本 徹議員「つまり、特例承認の中の特例ではないか」

「特例承認」は、地方の財務局だけでなく、財務省本省の承認を必要とするもので、森友学園関連の改ざん前の決裁文書には、国会議員や安倍首相夫人の昭恵さんをめぐる記述があった。

財務省は、衆議院財務金融委員会で、この文書以外の「特例承認」の決裁文書には、国会議員による陳情や照会の記述はなかったことを明らかにした。

森友学園をめぐる決裁文書の特殊性を示すといえそう。