日本共産党の宮本徹衆院議員は27日、「森友学園」に関する財務省決裁文書改ざんをめぐる佐川宣寿・前理財局長の証人喚問を検証したBS11の番組「報道ライブINsidOUT」に出演し、「証人喚問が成り立たなくなる不誠実なものだった」として、真相解明に向け全関係者の証人喚問を求めました。
宮本氏は、佐川氏が証言拒否を乱発する一方、安倍首相夫妻や菅義偉官房長官らの改ざん指示について証拠を示さず否定したことを「一番の矛盾点だ」と指摘。「自らが改ざんの中心人物でない限り断言しようがないが、自身の関与は一切証言しない。信ぴょう性のある発言だと思えない」と述べました。
立憲民主党の長妻昭衆院議員は「非常に不自然」と指摘。岩井奉信・日本大学教授は「政府・与党が望んでいた答えだった。シナリオがあったのではと疑わせるところがある」と語りました。
佐川氏が交渉記録の破棄に関し、財務省の文書管理の規則について答弁したと証言したことに宮本氏は、佐川氏の「委員からの依頼を受けて確認したところ近畿財務局と森友学園の交渉記録はなかった」との国会答弁を示し「証言か昨年の答弁のどっちかがうそだということだ」と語りました。
岩井氏も「改ざんされた文書が出てきている。確かにうそだったと言わざるを得ない」と問題視しました。
司会者から今後の対応を問われた宮本氏は、安倍昭恵氏をはじめ、近畿財務局職員らも含めた国会での証言が必要だと主張しました。

以上2018年3月29日付赤旗日刊紙より抜粋(画像はBS11から)