「横田にも日本のどこにもオスプレイの飛来・配備は絶対に許さない」。米空軍横田基地(東京都福生=ふっさ=市など)に特殊作戦機CV22オスプレイ5機が5日に到着したことを受け、「横田基地の撤去を求める西多摩の会」(高橋美枝子代表)は6日、緊急抗議行動を福生市で行いました。地元や近隣の自治体、都内各地から400人を超える人々が駆け付けました。
 冒頭、高橋氏が「横田基地を出ればすぐ隣は住宅街です。危険極まりないオスプレイは飛ばさないことに限ります。あきらめずに頑張りたい」と訴えました。
 集会には日本共産党の宮本徹衆院議員と、大山とも子、尾崎あや子、原のり子の各都議が参加。宮本氏が「オスプレイの配備撤回にむけて皆さんと力を合わせたい」と決意を語りました。
 参加者らはリレートークで、「横田基地周辺にも30校以上の学校がある。子どもたちの安全・平和が脅かされている」(三多摩労連)、「不安の声が次々と寄せられている。一人ひとりが声を上げることが大事」(新日本婦人の会都本部)、「住民の不安が払拭(ふっしょく)されないままの配備は許されない」(市民連合あきる野)などと語りました。
 「会」の寉田(つるた)一忠事務局長は行動提起で「米軍に守ってもらわなくていい。私たちは憲法9条の力で平和を守る」と力を込めました。
 集会には自由党東京都総支部連合の渡辺浩一郎会長(元衆院議員)も参加しました。

以上2018年4月7日付赤旗日刊紙より抜粋