米軍横田基地(福生市など東京都多摩地域5市1町)での降下訓練中にパラシュートの一部が東京都羽村市の市立羽村第三中学校に落下する事件が10日に起きたことを受け、日本共産党の宮本徹衆院議員と、清水ひで子、尾崎あや子の両都議、浜中じゅん、鈴木たくやの両羽村市議は11日、現地を視察するとともに、市役所で井上雅彦副市長と懇談しました。
懇談で宮本氏は「(米軍は)もともとこういうこと(パラシュートが開かないこと)が起こり得るということを前提にした訓練をやっている。『原因究明まで訓練中止』ではなく、そもそも住宅密集地の真ん中でやるような訓練じゃない」と防衛副大臣に求めたことを紹介しました。また、「一歩間違えば人命にかかわる大きな事故です。地元の皆さんからも大いに声を上げていただきたい」と要請しました。
井上氏は、米軍、防衛省に対し抗議を行ったと述べ「安全を確保していただきたい。都、5市1町の協議会でも要請していきたい」と話しました。また、人員降下によるパラシュート事故は初めてということが明らかになりました。

以上2018年4月12日付赤旗日刊紙より抜粋(写真は赤旗写真部提供)