在日米軍横田基地(福生市など東京都多摩地域)への米空軍特殊作戦機CV22オスプレイが正式配備された1日午前、横田基地周辺では住民や平和団体が集会、スタンディング行動を行い抗議しました。CV22は今年4月5日に横田基地に5機が初飛来し、6月23日以降は横田基地を拠点に全国各地で離着陸や飛行訓練を繰り返しています。米軍は2024年ごろまでに10機と人員約450人を配備する計画です。
 住民団体や騒音訴訟の原告団など6団体でつくる「オスプレイ横田配備反対連絡会」が基地西側の公園で開いた集会には約180人が参加。①CV22の配備計画の撤回②MV22(海兵隊)の全国各地での飛行をやめ、普天間基地(沖縄県)からの撤去―を求める要請書を確認しました。
 横田基地の第2ゲート前では、「横田基地の撤去を求める西多摩の会」が呼びかけ、約100人がスタンディング行動。「周辺には学校が30校以上、病院も保育所もある。オスプレイはその上を飛んで子どもたちや住民の生命・安全を脅かしている」と訴えました。
 青梅市から参加した赤塚俊正さん(76)は「正式配備前から、もう決まったことのようにわが物顔で飛行しているのが許せない。住民の権利が守られていません」と話していました。
 日本共産党の吉良よし子、山添拓両参院議員、宮本徹衆院議員が駆けつけ、ともにたたかう決意を表明しました。

以上2018年10月2日付赤旗日刊紙より抜粋