11月22日(木)、国会の宮本徹事務所に「ゆきとどいた教育をすすめる都民の会」のみなさんが、私立学校にお子さんを通わせている保護者の方とともに来室され、「公立小中学校の学級規模について」「特別支援学校の教室不足について」「学費の公私間格差について」懇談を行いました。