2019年2月28日 衆院予算委員会 安全無視情報隠し オスプレイ配備撤回を

2019年2月28日 衆議院予算委員会提出資料

 日本共産党の宮本徹議員は28日の衆院予算委員会で、在日米軍のオスプレイが住民の安全を無視した飛行を繰り返し、米軍言いなりの情報隠しが行われていると追及し、同機の配備撤回を求めました。
 宮本氏は、横田基地配備のCV22オスプレイなどの米軍機の離着陸について、地元自治体に毎日情報提供する日報を昨年末にやめた背景として「米側から何か言われた事実があるのか」と質問。岩屋毅防衛相は「米側とのやりとりの詳細について答えは控える」と否定しませんでした。
 さらに宮本氏は、沖縄でも情報隠しが行われ、防衛局が航跡調査結果のホームページ公開を昨年末にやめ、過去の情報も削除したことを追及。岩屋氏は「情報保全を厳しくする必要があると、米国から強い懸念が示された」と答弁し、宮本氏は「過去の飛行情報は機密でも何でもない。対米従属の姿勢では国民の命は守れない」と批判しました。
 宮本氏は、横田基地のオスプレイが、学校や病院を含む人口密集地域上空を避けるとした日米合同委員会の合意を無視し、学校上空を飛行して授業中断も起きている実態を告発。合意違反がないか、オスプレイがどこを飛んでいるか把握しているかとただしました。岩屋氏は「米側は合意を順守する旨明言している」などと答弁。宮本氏は「確かめずに『順守している』と繰り返すのは全く無責任だ」と厳しく批判しました。

以上2019年3月1日付赤旗日刊紙より抜粋