5月13日の衆院決算行政監視委員会で、各界の「功労者」などを招く総理主催の「桜を見る会」について、招待基準が不透明ななか、第2次安倍政権以降、参加者・経費が急増し、予算を大きくこえていることを追及しました。

 第2次政権前に1万人前後だった「桜を見る会」の参加者が、今年は1万8200人。2万人近くにのぼりました。決算委員会の質問で、主な経費について、2013年と19年の契約額を比べると、飲食物提供業務は972万円から2191万円へ、会場等設営業務は734万円から1814万円へと2倍超に膨らんでいることがわかりました。

 さらに「桜をみる会」の総経費について、内閣府の井野靖久大臣官房長は、14~19年度の予算額は各年度約1766万円である一方、支出額は14年に3005万円、15年は3841万円、16年は4639万円、17年は4725万円、18年には5229万円へ増加したと答弁しました。19年についての支出はまだまとまっていないとのことですが、飲食物提供業務や会場等設営業務が18年より約230万円増えているので、5400万円程度ではないかと思われます。

 予算額を上回る支出額になっていることについて、菅義偉官房長官は「総理大臣が各界で功績、功労のあった方々を招き懇談する内閣の公的行事だ」「必要な経費」と居直りました。

 私は「安倍内閣で功労をあげた人が急に増えたのか。招待の基準は不透明だ。こういう支出の増やし方は国民の理解を得られない」と批判しました。