5月21日 財務金融委員会 総理主催「桜を見る会」 招待の内訳の資料破棄

 総理主催「桜を見る会」の支出が安倍政権のもとで年を追って膨張し、昨年は国会で承認された予算の計上額の3倍にのぼっていたことが、5月13日の決算行政監視委員会での追及で明らかになりました。原因は、参加者の急増。これまでメディアに対して、内閣府は、「家族の帯同が増えている」などと説明してきましたが、本当か? 5月21日、財務金融委員会でただしました。

 まず内閣府が定めている「桜を見る会」の開催要項ではどうなっているのか。内閣府の答弁は、毎年、1万人を目安、となっているとのこと。私の手元にある開催要項では「約1万人」となっています。

 では招待状をいったい何人にだしているのか。内閣府の答弁では
     2014年 1万2800人
     2015年 1万3600人
     2016年 1万3600人
     2017年 1万3900人
     2018年 1万5900人
     2019年 1万5400人
  とのこと。文書保存期間が5年で、2013年以前はわからないとの答弁。(本当はあるのではないかと思いますが)

 実際の参加者は
   2019  18200
   2018  17500      
   2017  16500
   2016  16000
   2015  15000    
   2014  14000
   2013  12000   
   2010  10000 鳩山政権
   2009  11000 麻生政権
   2008  10000 福田政権
   2007  11000 第一次安倍政権
   2006  11000 小泉政権
   2005   8700 小泉政権

 照らし合わせれば、招待状をおくっている数を増やしていることが、参加者が急増している大きな原因であることははっきりしています。
 さらに2019年は、これまで単独で招待されていた方が、番組「出演者全員で」などという招待を受けていたことも明らかになっています。
 
 なぜ、招待者が増えているのか。「各省庁の意見をきいて内閣府、内閣官房でとりまとめた結果として」との答弁。

 これは官邸からの招待者推薦リストが増えているのではないか。内閣府からききとったという、メディアの報道では「与党の推薦者もおり、人数は与党絡みが多い」ともあります。

 どこの府省からの推薦リストが増えているのか。ときくと、なんと内閣府は「答弁をさしひかえたい」といいます。
 開催要項の人数も、計上予算も無視して、招待者を増やしておきながら、国会に説明しないなど許されないと追及すると、「資料は破棄をした」との答弁。今年の分も「破棄をした」とのこと。「保存期間1年未満の文書だ」

 どこかで聞いたことのあるセリフがまたでてきました。森友疑惑、加計疑惑、安倍・麻生忖度道路などの追及で、政府からでてきたセリフです。

 会計検査もおわっていないのに資料を破棄した、しかも担当者が次々いれかわる霞が関で、翌年などへの引き継ぎを考えても、資料を破棄したという説明はとても納得できるものではありません。

 国民に説明したくないこと、もっといえば政権が隠したいことは、資料を破棄をする、ということなのかといぶかってしまいます。