10月消費税10%ストップ!ネットワーク 9・12集会

 「10月消費税10%ストップ!ネットワーク」は12日、43万2874人分(累計108万6001人分)の中止署名を、日本共産党、立憲民主党、国民民主党の国会議員に手渡し、「国会を直ちに開いて増税中止を」と訴えました。
 各地からの参加者で衆院第2議員会館の会場は満杯となり、議員会館前でも緊急の行動が開かれました。
 あいさつした呼びかけ人の本田宏・医療制度研究会副理事長は、9カ月という短期間に約100万人の署名が集まったことにふれ、「生活も医療も政治が密接にかかわっています。子や孫のためにも増税を阻止しましょう」と訴えました。
 野党議員があいさつし「増税を許さないと野党は参院選をたたかい、結束している。国会を直ちに開かせ、増税中止法案を成立させよう」(日本共産党・小池晃書記局長)、「野党はそろって増税を阻止するために頑張る」(立憲民主党・初鹿明博衆院議員)、「もうけている所に課税すべきだ。(増税とは)別のやり方を野党でやっていこう」(国民民主党・後藤祐一政務調査会会長代行)と述べ、大きな拍手に包まれました。
 れいわ新選組の山本太郎代表がビデオメッセージを寄せ、「消費税は増税でも凍結でもなく減税に」と述べました。
 よびかけ人の庄司正俊・全国FC加盟店協会会長、醍醐聰・東大名誉教授、住江憲勇・全国保険医協会会長、ジャーナリストの斎藤貴男氏が「あきらめず、社会をゆがませる消費税の増税をストップさせよう」と訴え。集会では、「全国会議員に『今すぐ国会で徹底審議し、増税中止の決断を』の要請を強めていこう」とのアピールを採択しました。
 共産党から小池氏のほか笠井亮、清水忠史、藤野保史、宮本徹の各衆院議員、伊藤岳、大門実紀史、倉林明子、山添拓、吉良よし子の各参院議員が参加しました。
 集会後、参加者は銀座でパレードしました。

以上2019年9月13日付赤旗日刊紙より抜粋