2019年10月30日 衆院厚生労働委員会 公的病院再編統合リスト撤回を 宮本氏が要求

 厚生労働省が全国424の公的病院などの実名をあげて再編統合を視野に入れた再検証を求めた問題で、日本共産党の宮本徹議員は30日の衆院厚生労働委員会で、病院リストには合理性のかけらもないと撤回を求めました。
 宮本氏は名指しされた東京都内の病院から聞き取った実態を紹介。奥多摩病院の場合、年間400回の往診も含め、山あいの地域に365日24時間密着してあらゆる医療を提供しています。先日も台風被害で孤立した地区に薬を届けました。宮本氏は「この病院がなければ近くの救急病院まで救急車で1時間以上かかる集落もある。住民の健康は守れない」と指摘しました。
 国立病院機構村山医療センターの場合、脊椎(せきつい)・脊髄(せきずい)の手術症例数は全国トップクラス。全国から患者が訪れます。宮本氏は、難病医療などを担う病院もリストにあげられているとして、国民に必要な医療が提供できなくなりかねず、病床削減の数ではなく、現場の実態と患者のニーズから出発すべきだと強調しました。
 加藤勝信厚労相は、リストについて「全国的一律的に、しかも、ある時期のデータをベースとしている」と述べ必ずしも実情に沿っていないと認め、市民の心配を喚起したことは反省するが、不足があれば別のデータも含めて議論してほしいなどと答弁。さらに「地域にとってなくてはならない医療機関も入っている」と認めました。宮本氏は「そんなリストを出すこと自体が間違いだ」と撤回を求めました。

以上2019年10月31日付赤旗日刊紙より抜粋